脚やせ方法の秘訣 >> 正しい歩き方を身につける
常に自然体

脚やせをするために、普段の歩き方に気を付けることも大切です。正しい歩き方をするだけで、自然と脚やせに繋がることもあるのです。これを機に、自分の歩き方を見直してみましょう。

まず、足を前に出したら、地面に着地する時はかかとから着けることを意識します。かかとから地面に付いたら、今度は前方に体重をかけ、膝は曲げずに、今度は反対の足のつま先で地面を蹴り、同じようにかかとから着地するという歩き方を繰り返します。
意外と出来ていないのが、かかとから着地するということです。重心のかけ方にも注意し、慣れるまでは自宅でゆっくりと歩く練習をしてみましょう。

指を使わずに歩いてしまうと、脚が外側に向いてしまうという傾向がありますので、地面を蹴る時は、親指でしっかりと蹴るイメージをしながら歩いてみてください。自分の脚を鏡などで確認し、脚がまっすぐであるか、外側に向いていないか見てみましょう。

また、歩き方だけでなく、脚やせをするためには靴も大切です。自分に合った靴を履かなければ、重心がずれてしまったり、筋肉の低下に繋がります。例えばスニーカーでも、靴底があまり厚いものは脚やせにとって良くありません。地面の感覚が分かるほどの靴底がおすすめです。

仕事でハイヒールを履かなければいけない方は別として、ハイヒールは重心をずらしてしまう可能性がありますので、避けた方が良いでしょう。
また、ブーツを履く女性も多いと思いますが、血液の流れが悪くなってしまうため、脚痩せには逆効果となります。靴選びや歩き方に気を付けて、脚やせしてみてはいかがでしょうか。