脚やせ方法の秘訣 >> 歩くことはとても大事です。
常に自然体

正直運動をしないで綺麗な脚を手に入れることは難しいと思います。ただ運動といってもジムに通うとかマラソンをするなどではありません。

日常の生活でも十分な運動を取り入れることができます。
それは「歩く」ことです。
いままでちょっとした買い物の時など自転車やバイクなど使っていた場合はそれをやめて歩いてみてください。

ただ歩くのではなく早歩きを心がけるようにしてみてください。有酸素運動を日常の生活の中で取り入れることにより基礎代謝量をアップすることができます。

多くの女性が「歩き方」によるトラブルを抱えています。

現代の最近の女性はほとんどの女性が正しい歩き方身につけていないそうです。 「歩く」事は、基本的な動作になります。
ちょっと確認してみてください。床に座り脚を伸ばしてください。背筋をピンと貼った状態で、ひざから床が浮いていませんか?すこしでも浮いていたらあなたの歩き方に問題がると考えれます。

原因としては
1.高いヒールをいつも履いている。
2.歩く間隔がせまい
3.ガニ股である。
4.歩くときかかとから着地していない。

の4つがありますが、これらはす歩く動作に関係しているからです。
まずはただし歩き方を身につけましょう。
ただしい歩きがたがでいなければいくらマッサージなどを行っても効果が半減してしまいます。

正しい立ちかた

壁に背中をくっつけるようにして立ってみてください。頭、肩、おしり、ふくらはぎ、かかとと5点がぴったりとくっついた状態が正しい姿勢です。

1点でも離れていれば、正しい姿勢をとっていないことになります。
肩がくっつかない人は、猫背になっている人が多いいです。またふくらはぎがくっつかない人は、猫背や高いヒールを履くことによりひざが十分に伸びていないことが考えられます。
立ち方チェックは毎日の習慣化してください。ほんの20秒程度の動作です。
常にチェックをし正しい姿勢を身につけるようにしてください。

歩く

正しい歩き方は先ほど説明した正しい姿勢から。
ただしい姿勢から、肩幅+足1つ分の歩幅でひざとひざをすり合わせるように歩きます。
歩く際に意識するポイントは足先をまっすぐにすること。ガニ股だったりするとひざに負担がかかり痛めてしまう原因となります。
また腕は肩をして大きく振るようにしましょう。これにより背中の筋肉も鍛えられカロリー消費が10%ほどアップします。

歩くスピードはすこし時速6キロ~7キロ程度、すこし早歩きな感じですね。

ウォーキングをより正しくマスターするためのちょっとしたコツを2つ紹介します。
まず、姿勢が気になる人はお腹をせこませて見たり、ひねったりしながら歩いてみてください。内臓脂肪もいっしょに鍛えられ、姿勢が安定します。
また歩くときにおしりが左右に揺れることが気になる人は、おしりに手を当てながら歩いてみてください。意識がおしりに行くため、腰が安定します。