脚やせ方法の秘訣 >> 肥満遺伝子のタイプ
肥満遺伝子のタイプ

自分の遺伝子タイプを見つけて効率よくダイエット

自分がどの肥満遺伝子を持っているかを調べるには市販の遺伝子検査キットを利用することがよいと思います。遺伝子検査キットの詳細はコチラへ

リンゴタイプの人

リンゴタイプの人は糖質の代謝が苦手でパンやご飯といった炭水化物を食べると太りやすくなってしまいます。そこで炭水化物を通常より減らし有酸素運動をすると効果的です。

洋ナシタイプの人

洋ナシタイプの人は脂質の代謝が苦手のため、脂分をとると太る傾向があります。唐揚げなど脂肪分を多く含んだものを減らすようにしましょう。

その代わり魚中心とした食事を行い、エネルギーはご飯など炭水化物をとるようにして補いましょう。またそれと同時に筋肉をつけ基礎代謝量を増やす努力も必要です。

バナナタイプの人

バナナタイプの人はタンパク質が不足しやすく、筋肉もつきにくいった傾向があります。
よって基礎代謝量が通常より少ないためまず筋肉をつけ基礎代謝を上げることが大事になります。

食事は消化のよいタンパク質を多くとるようにしましょう。例えば納豆と赤身の肉。そして野菜、海藻などの繊維質も採ると効果的です。